bg
TOP » 葬儀の費用と風習

群馬県の葬儀の費用と風習

群馬県の葬儀にかかる費用

葬儀にかかる費用の内訳は、主に次の3つの項目に分けられます。

  1. 葬儀一式費用…葬儀会場の使用料、祭壇や棺など葬儀を行うために必要な項目全て
  2. 飲食/接待費用…通夜の後の参列者への料理(通夜振る舞い)、葬儀/告別式の後に家族や親族に用意する会食(精進落とし)、飲み物や菓子類
  3. 寺院費用…読経や戒名のお礼などの僧侶に渡すお布施

全国の平均葬儀費用は、総額188.9万円、内訳は葬儀費用122.2万円、飲食/接待費用33.9万円、寺院費用44.6万円となっています。

群馬県での平均を見てみると、平均費用236.7万円で全国平均と比べ、50万円近くも多くなっています。内訳をみると、飲食/接待費用は33.7万円と全国とほぼ同じ、寺院費用は51.5万円で平均より少し高めです。しかし葬儀費用が166.8万円とかなり高く、他県の費用が安いところと比べると2倍以上もの費用をかけています。

葬儀が多額になる理由としては、次のようなものが考えられます。

  • 世話になった近所の参列者や職場の方の手前、祭壇をグレードの高いものにし、それに伴って飾り付け献花量などが増えたこと
  • 葬儀への知識がないので、「必要がないかも」「高すぎる」と思っても、他社と比較する間もなく、葬儀会社主導のすすめられたプランに決めてしまったこと
  • 故人の交友関係の広く参列者数が増え、必然的に飲食費と返礼品代がかさんだこと

しかしこういった理由の他に加え、結婚式と同じく、地域の風習や物価の違いなどが背景にあるのも事実です。

次の項目では群馬特有の葬儀の風習「新生活」について、詳しくみていきましょう。

群馬の風習

新生活とは?

群馬県や北関東の一部の地域の葬儀では、受付に「一般」の他に「新生活」の札があります。この新生活は、新しい生活を始めるという意味ではなく、第2次世界大戦後に始まった「新生活運動」という、経済的に厳しかった社会情勢を背景に生まれた、参列者の負担を減らすためのシステムです。

新生活は、人によっては負担になる香典を少なく包みます。その額は、一般的な香典の最低額相場5,000円よりも少ない1,000〜3,000円の間で、香典返しは辞退するというものです。戦後は全国的に広まった習慣ですが、経済回復に伴い減ってしまい、今では群馬県と北関東の一部でしか見られない風習です。

新生活を渡すマナー

新生活を渡す際は、包みの表書き(御霊前)の左横に、「新生活運動の趣旨に沿ってお返しを辞退致します」と記入した/プリントされた香典袋を使います。新生活という言葉が添えられていないと、遺族側から香典の半額程度のお返しが送られてくるので、お返しを辞退したいときは、相手方に明確に伝わるように記載しておきましょう。

香典に包むお札は新札ではない古札を準備するとベターです。新札は予期して準備してあったかのように感じられ、失礼に感じる人もいるので、新札の場合は一度半分に折って折り目をつけてくと良いでしょう。

新生活は一部の地域のみでの風習ということもあるので、新生活を渡して良いかわからないときは、周囲に相談をしつつ、通常の香典と2種類用意をしてくと無難です。

新生活を受け取るマナー

新生活を受け取る場合には、参列にくる人たちにわかりやすく「一般」は「新生活」が分かれている受付にしておきましょう。新生活の金額は1,000〜5,000円の間がほとんどですが、香典袋に新生活と書かれていれば、いくらであっても受け取ることはできます。香典袋は受け取ってから中身を確認し、何も書かれておらず5,000円以上包まれている場合は、「新生活でよろしいでしょうか?」と確認をしましょう。

基本的に新生活は、お返しは渡さずに令状のみ用意するという考えですが、簡単なタオルやハンカチといった品を渡す場合も多いようです。また新生活の趣旨に則った葬儀を行いたいのであれば、公共の施設を使うような簡素な葬儀を行うことが重要です。民間の葬儀会社を選んでも、華美な祭壇や高級な霊柩車を避け、シンプルな式典にしましょう。

撒き銭

「撒き銭」とは群馬県の一部地域で出棺のタイミングで、遺族が参列者に向けて半紙に包んだ小銭を撒く風習です。別名「長寿銭」と呼ばれている風習で、故人が長寿を全うしたという場合のみ、行われます。地域によってはお金ではなく飴などのお菓子を配るところもあり、「長寿をした故人にあやかって長生きができる」という縁起が良いものであると考えられています。

でがの飯

「でがの飯」は群馬県の農村部に多い習慣で、葬儀/告別式が終わったあと一膳飯が回されます。1本の端でお椀の米を少しだけ手に取りいただくか、食べる真似をし、参列者全員で故人を見送るという意味があります。

前橋でおすすめの葬儀社3選

20名前後の
葬儀費用を比較

葬儀にかかる費用は、(1)基本料金+(2)変動費(返礼品、葬儀料理など人数によるもの)から成り立ちます。ここでは基本料金を紹介します。

※上記はすべて各会社の会員価格です。申込次第、会員になることができます。